SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > 参加する > イベント情報

イベント情報

~夢に向かって一歩踏み出すために~ 国際看護・保健を目指す人のためのキャリアナビ講座開催

看護師として国際協力を目指したいけれど、キャリアステップが分からない」、「途上国で働くことが夢だけれど最初に何のスキルをつければよいのか迷っている」、「国際看護・保健分野で活躍している先輩の話を聞いてみたい」など、国際協力に関心はあるけれど、一歩踏み出せない看護師の方向けにお勧めの一日の講座です。

国際看護・保健の基礎知識や心得を学び、そのあとにJICA、NGO、大学などの分野で活躍している看護師の先輩たちに、看護師としての経験から国際看護・保健につながるまでの苦労や秘訣、現在のお仕事についてお話いただきます。 そして、同じ悩み事を持っている参加者同士のワークショップを通して、明日から夢に向かって一歩踏み出すために必要なことが、講座終了後には見えてくるはずです。

kokusaikango_hoken

カンボジア乳幼児健診の様子



■日時:2017年7月15日(土) 10:00~18:00  ※開場 9:40分

■会場:JICA地球ひろば 「セミナールーム201AB」 東京都新宿区市谷本村町10-5 (JICA市ヶ谷ビル)
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分、東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分、
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

■プログラム (変更の可能性もあり)
1.【講演】国際看護・保健協力概論
講師:仲佐 保 氏(国立国際医療研究センター 医師)

2.【講演】看護師として国際協力をライフワークにするには~プライマリヘルスケアの実践~
講師:工藤 芙美子 氏(シェア専門委員 保健師)

3.【講演】国際看護のキャリアの道筋をどのように作っていくか
講師:近藤 麻里 氏(東邦大学看護学部 教授 看護師)

4.【講演】政府機関、学術、NGOなどで働く先輩看護師数名の経験をお伝えします。
講師:政府機関で働く 葦田 竜也 氏(JICA 人間開発部 保健第2グループ 企画役 看護師)
講師:NGOで働く 清 モーガン 三恵子 氏(シェア職員 カンボジア事務所駐在 看護師)

その他現在、調整中 

5. 【ワークショップ】 国際的な仕事を目指すために明日からできること

■受講費 10,000円(税込)
*事前にお支払いいただきます。お支払い方法についてはお申込後にお知らせします。
準備の都合上、7月12日よりキャンセル料より全額発生いたしますのでご注意ください。

■参加申込
以下のお申込みフォームより参加の申込みをお願いします。定員:30名(先着順)
お申込みフォーム

■参加対象者
国際協力に携わることを希望している看護師、保健師、助産師、学生、青年海外協力隊経験者など

■主催・お問い合わせ:特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会
■後援:独立行政法人 国際協力機構(JICA)

Tel:03-5807-7581 E-mail: info@share.or.jp (担当:西山)


6月3日(土)開催!医療従事者向け外国人療養支援セミナー「知っていますか?医療通訳を活用するメリット-医師、病院の経験を通じて-」

名古屋セミナーの様子
名古屋で実施したセミナーの様子

昨年度は、クラウドファンドを通じて、シェアの在日外国人支援事業へ多大なご支援をいただき、ありがとうございました。お陰様で外国人医療相談、医療通訳の派遣を実施することができています。

さて、そのクラウドファンディング実施の際にもお約束した医療従事者向けの外国人療養支援セミナーを開催します。
今回は、外国人患者の人権を守るためにも、また、医療機関側が適切な対応をするためにもその役割がますます注目されている「医療通訳」に焦点を当てます。
実際に医療通訳を入れて診療をしている医師、また、外国人患者が増加する現状のもと、医療通訳活用の模索をする地域の病院から、それぞれの経験を共有していただきます。
外国人医療や医療通訳導入に関心を持つ医療者の皆さんの参加をお待ちしております。

【日時】 6月3日(土)14:00~16:30(13:50開場)
【参加費】 500円(資料代)
【会場】 早稲田奉仕園101会議室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分、東京メトロ副都心線西早稲田駅より徒歩8分)
【対象者・定員】 医師など医療従事者 定員20名(定員に達し次第募集終了)
【プログラム】 (予定)
・通訳活用とその現状 シェア在日外国人支援事業担当 山本裕子(保健師・看護師)
・実践例 社会医療法人河北医療財団河北総合病院(東京都杉並区)スタッフ
・実践例 シェア副代表理事・神奈川県勤労者医療生協港町診療所所長 沢田貴志(医師)
・ミニロールプレイ
・質疑応答
【お申込み】 こちら からご登録下さい。
【問合せ】 在日外国人支援事業部 廣野
      電話:03-5807-7581 E-mail:mail_info.gif


エイズボランティアチーム  HAATAS

HAATAS(ハータス:HIV/AIDS Action Team At SHARE)は若者によって運営されているエイズボランティアチームです。様々な分野出身の学生や社会人がシェア東京事務所に集まり、主にエイズについて勉強しています。また、大学生など若者の集まるイベントにおいて、エイズを身近なものとして考えられるようエイズ教育・予防啓発活動にも力を入れています。

不定期にミーティングを開催しています。
ミーティング参加希望の方は、事務局(担当:西山)までご連絡をお願いいたします。

Dr.本田徹の健康居酒屋

kenko.jpg
シェアが活動において大切にしていることはプライマリ・ヘルス・ケア。地域住民、そして私たち一人ひとりが健康促進活動に参加することで、健康が守られる地域がつくられることを目指しています。
健康居酒屋は、NGO/NPO関係者、医療従事者といった背景に関係なく、多様な人々が集まり"健康"や"医療"、"いのち"について話す場です。健康居酒屋を重ねることで"健康"について関心を持つ人々が増え、繋がりあい、互いに支えあう社会に向かって共に歩みを進めることができればと思います。
年月の積み重ねでひとまわりずつ年輪が増えて木の幹が太くなるように、この「場」を、皆さまと一緒につくっていきたいと考えています。

Dr.本田徹の健康居酒屋 2017夏 !「7/11(火)」の詳細はこちら

皆さまの参加をお待ちしています。

ネイルにレッドリボンを~指先からつながるエイズ啓発キャンペーン~

aids_nail.jpg

レッドリボンネイルの作り方はこちらから⇒「レッドリボンネイルを描いて送ろう」


寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 本が寄付になる

  • 皆で集めて寄付!